2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« | トップページ | VS2005からSQL-Server2008R2 »

Windows2008R2 + VB.NET + Excel

Windows2008R2でVB.NETからCreateObject等でEXCEL(32bit)を操作する場合、DCOMの設定変更が必要。

■設定変更手順

1.ファイル名を指定して実行で「dcomcnfg.exe /32」と入力して実行

2.「コンポーネントサービス」→「コンピュータ」→「マイコンピュータ」→「DCOMの構成」の順にクリック

3.「Microsoft Excel」を右クリックしてプロパティ表示

4. 「ID」タブをクリック

5.「このユーザー」をクリックして、ユーザー名とパスワードを入力

« | トップページ | VS2005からSQL-Server2008R2 »

VB.NET」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows2008R2 + VB.NET + Excel:

« | トップページ | VS2005からSQL-Server2008R2 »