2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« C# 子フォームから親フォームの関数をCall | トップページ | Fujitsuさん正気ですか? »

ASP.NET+VB6のActiveX作成のメモ

(VB6側)
1.プロジェクトを「ActiveXコントロール」で作成する

Projectsel











2.スクリプトの実行や初期化を行ってもそのコントロールが安全であること示すマークを付ける

[参考URL]
Visual Basic コントロールで IObjectSafety を実装する方法
http://support.microsoft.com/kb/182598/ja

上記ページでタイプ ライブラリを生成するコマンドを以下のようにします

×MKTYPLIB objsafe.odl /tlb objsafe.tlb
○MKTYPLIB objsafe.odl /nocpp objsafe.tlb

3.外部プロパティ

[例] 「p」というPublicプロパティ
Private Sub UserControl_ReadProperties(PropBag As PropertyBag)
    Label1.Caption = PropBag.ReadProperty("p")
End Sub

4.標準以外のコントロールをプロジェクトに含める場合は「lpk_tool.exe」を使用してランタイムライセンスを取り込む
(※Windowsコモンコントロールもlpk_toolを使用する必要がある)

5.ディストリビューションウィザードの「インターネットパッケージ」でcabファイルを作成する

Internetpack











6.デジタル署名

ベリサイン社と契約する



(ASP.NET側)
1.objectタグでparamを指定するときは、heightとwidthを指定しないと表示されない
(おそらくheightとwidthがともに0になっているため)

※デジタル署名がない場合のIEの設定

「インターネットオプション」→「セキュリティ」タブ
 →「レベルのカスタマイズ」
  →「スクリプトを実行しても安全だとマークされてないActiveX
    コントロールの初期化とスクリプトの実行」
    ・IE7では「ダイアログを表示する」
     IE6では「ダイアログを表示する」or「有効にする」

« C# 子フォームから親フォームの関数をCall | トップページ | Fujitsuさん正気ですか? »

ASP.NET2.0」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ASP.NET+VB6のActiveX作成のメモ:

« C# 子フォームから親フォームの関数をCall | トップページ | Fujitsuさん正気ですか? »