2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 悲しみもひとしお | トップページ | VB6 PDF自動印刷(調査中) »

FAX送信 続き

FAX送信して、送信状態を取得するコード例

    Dim faxServer As New FAXCOMLib.faxServer
    Dim faxDoc As New FAXCOMLib.faxDoc
    Dim faxNumber As String

    faxServer.Connect "サーバー名"
   
    Set faxDoc = faxServer.CreateDocument("C:\Temp\Fax.doc")

    faxDoc.RecipientName = "受信者名"
    faxDoc.SenderTitle = "件名です"
    faxDoc.DisplayName = "Fax送信テスト"
    faxNumber = "1234567890"    '-は取り除いておく
    faxDoc.faxNumber = faxNumber

    'ここまでは同じ

    Dim varJobId As Variant
    Dim strFaxJob As FaxJobs
    Dim strFaxStatus As FaxJob
    Dim lngCount As Long
   
    '送信後ジョブID取得
    varJobId = faxDoc.Send

    '送信トレイからジョブIDが一致するジョブを探して状態を取得
    Set strFaxJob = faxServer.GetJobs()
    For lngCount = strFaxJob.Count To 1 Step -1
        Set strFaxStatus = strFaxJob.Item(lngCount)
        If strFaxStatus.JobId = varJobId Then
            MsgBox "Jobid: " & strFaxStatus.JobId & " Status:" & strFaxStatus.QueueStatus
            Exit For
        End If
    Next lngCount
   
    faxServer.Disconnect

« 悲しみもひとしお | トップページ | VB6 PDF自動印刷(調査中) »

VB6」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FAX送信 続き:

« 悲しみもひとしお | トップページ | VB6 PDF自動印刷(調査中) »